トラック調教の効果とは?

乗り手の指示のもと、走り方を学習する

コーナーのある、円形馬場での調教を総称して、トラック調教と呼びます。調教欄に記載される追いきりとしては、坂路以外、南WもCWもトラック調教だと覚えておいてください。

トラック調教について、拙書『100%激走する勝負調教大全』での松永幹夫教師のコメントを再掲させていただくと「CWは長い距離を乗りますから、息の保ちも良くなりますし、手前の替え方も学習できます。坂路だと直線なので、好きな時に手前を替えますが、CWだとコーナーコーナーで乗り手が支持できますからね。そうすると馬も『ここで手前を替えるんだ』ということを覚えます」と教えていただきました。

よって、パワーや瞬発力を「鍛える」坂路調教に対して、走り方を「学習する」トラック調教というのが、大まかな特徴でしょう。また、折り合いに関しても乗り手の指示をしっかりと聞くことができるので、学習できます。さらに、トラック調教は、坂路調教に比べて、追い切りも含めて、全体的な走行距離が長くなるため、スタミナを強化できるという利点もあります。

実際のレースと同じような走りを練習するのが、トラック調教ですから、その効果が実戦に繋がりやすいのは、ここまでの説明でご理解いただけたでしょう。ただ、近年の競馬はスローペースになりやすく、瞬発力が重要になるレースも多いため、トラック調教ではそこが不足します。

トラック調教の成績優秀コースを掲載していますが、コーナーの周回数が多い、2500mと2600mが4コース。トラック調教で習得した、コーナーリングのアドバンテージがしっかりと生かされています。

トラック調教の効果

「手前の替え方を学ぶ」「折り合いを学ぶ」「スタミナの強化」

トラック調教馬の成績が良いコースBEST10[複勝回収率順]

コース単回収率複回収率
1福島芝120083%108%
2函館芝2600110%107%
3札幌ダ100073%106%
4札幌芝260099%92%
5東京芝200046%90%
6阪神芝1400143%89%
7中山芝2500128%88%
8京都芝120053%88%
9福島芝50%88%
10阪神ダ120083%87%
トラック調教での出走数が多い厩舎
池上昌弘・天間昭一・勢司和浩・中川公成・柴田政人・杉浦宏昭・清水英克・戸田博文・田島良保・伊藤圭三・二ノ宮敬宇・田所秀孝・松山康久・大橋勇樹・長浜博之・松田博資・萱野浩二・領家政蔵・岩元市三・田村康仁・畠山吉宏・大根田裕之・相沢郁・上原博之・水野貴広・小桧山悟
優良競艇予想サイト悪質競艇予想サイト 競艇メディアへ行く