休み明けを見極める

最終追い切りが仕上がり状態を表してくれる

休み明けの馬に関しては、厩舎コメントからその仕上がりを判断することもできますが、馬券検討する上で参考になるようなコメントはあまり多くないというのが実情。よって、調教欄からその取捨ができるようになるのが一番です。

その方法として、最も簡単で馬券結果を得やすいのは、最終追い切りの内容を「好走時と比較する」というもの。勘のよい方であれば、休み明けは、追い切りの本数が重要なのではないか、と考えられるでしょう。これは間違いありません。ただ、追い切り本数が少なくても、普段の調教(キャンターなど)で自分の力を出せる状態に仕上がる馬もいます。また、追い切り本数が多くても、それは馬が仕上がっていないから、という見方もできます。

中間の調教過程による、馬の仕上がり状態のすべてを表現してくれるのが最終追い切り」という仮説が成り立てば、好走時の最終追い切りと比較することで、好走凡走の判断ができます。

この際、比較する内容は追い切り場所、その強さなどはもちろんのこと、追い切り時計自体もほぼ同じ数字を出していることが好走の条件。例に挙げたアンヴァルトのように、各ラップでの時計が0.5秒差に収まっていれば、追い切り本数の多い少ないに関わらず評価してよいでしょう。

しかし、トーホウアマポーラのように、最終追い切りの時計が大幅に遅くなっている場合は要注意。追い切り本数が足りていても、実際には好走時の動きができておらず、レースでも凡走する確率が高くなります。

休み明けで見るべきポイント

最終追い切りの「場所」「強さ」「時計」が好走時と同等であればOK

優良競艇予想サイト悪質競艇予想サイト 競艇メディアへ行く