中京競馬場の疑似コースがトレセンにあった!!

美浦坂路、日曜の栗東DPに注目!

中京競馬場が新装オープンしたのは、2012年3月。リニューアルによって、大きく変化したのは直線。長くなり、そして坂ができました。このケース形態にそっくりな調教場が美浦坂路。美浦坂路は計測区間は800mですが、全長は1100m。計測地点までの300mはカーブになっており、この形態が中京競馬場の3コーナーに似ています。美浦坂路で調教(追い切り)されている馬はみな、この区間も走っているので、普段から、中京競馬場の3コーナーから直線に入るまでのコーナーリングを練習していることになります。そして、中京競馬場の直線は412.5m。ここに急坂がありますが、美浦坂路はゴール板手前の400mで勾配がきつくなる形態になっています。

ここまで、コース形態が似ていれば、美浦坂路で追い切られた馬が好走しないわけがないと思っていましたが、それを実演してくれたのが、2012年プロキオンSのトシキャンディ。好発を決めて、3、4コーナーを軽快に飛ばして、ゴールまで止まらないレース内容。単勝万馬券は美浦坂路のトレーニング効果も一因だと思います。

栗東における、中京競馬場の疑似コースは左回りになった時(日曜日)のDコースのポリトラック馬場。3コーナー、4コーナーのカーブが似ているので、美浦坂路と同じようなコーナーリングの練習ができるのが、最大の利点。過去の中京競馬場であれば、直線に坂がなかったため、これだけで好走できる調教でしたが、現在は坂があるため、坂路調教が必要になります。よって、メイショウゾウセンのように、日曜日にはDPで追い切り、最終追い切りは坂路というのがベストです。

優良競艇予想サイト悪質競艇予想サイト 競艇メディアへ行く