ワークフォース産駒の特徴・適正

ワークフォース

《主な代表産駒》ダイワダッチェス・クィーンズベスト

ワークフォース産駒の特徴・種牡馬・口取りなど
適正距離牡馬牝馬
芝距離2000m~2400m1200m~1800m
芝良
芝道悪
ダ距離1400m~1800m1400m~1800m
ダ良
ダ道悪×
馬体重480kg~540kg450kg~500kg
ワークフォースの血統
King’s Best1997年 Kingmambo1990年 Mr.Prospector1970年
Miesque1984年
Allegretta1978年 Lombard1967年
Anatevka1969年
Soviet Moon2001年 Sadler’s Wells1981年 Northern Dancer1961年
Fairy Bridge1975年
Eva Luna1992年 Alleged1974年
Media Luna1981年

スタートはよかったが3月末現在で2勝馬不在。しばらくは様子見か

またしても欧州12F路線王者がスピード不足を露呈。馬券を買うなら牝馬ベター

ワークフォース産駒の特徴

現役時代は英ダービーで従来のレコードを大幅に更新し、ナカヤマフェスタを下して凱旋門賞も勝利。

古馬になってからはGⅢ1勝に終わったが、3歳時のパフォーマンスは素晴らしかった。昨年デビューの初年度産駒は悪くないスタートを切ったものの、その後がひと息。欧州12F路線の王者は、やはり日本だと重いのか。特に牡馬は重苦しい印象で、多少なりとも素軽い牝馬を当面は狙いたい。

ワークフォース産駒の【買える要素】【消す要素】

ワークフォース産駒の儲かるデータ【芝】

  • 良より道悪で安心感。稍重・重の新馬戦は単回値137円でアタマ勝負
  • 人気の牝馬は手堅い。1・2番人気は延べ13頭で複勝率パーフェクト
  • 時計の掛かる函館1800m巧者。連対率5割で単回値306円とマストバイ!
  • 不器用さが見え隠れ。ゴチャつく1・2枠で1着どころか3着以内ナシ

ワークフォース産駒の儲かるデータ【ダート】

  • 牡馬にダ巧者おり複勝率32%、単回値162円。ただし連対は1600m以上
  • 逆に、牝馬はダートで連対なく3着1回のみ。ノータイムで消してOK!
優良競艇予想サイト悪質競艇予想サイト 競艇メディアへ行く