ネオユニヴァース産駒の特徴・適正

ネオユニヴァース

《主な代表産駒》サウンズオブアース(有馬記念2着)・ブライトエンブレム(札幌2歳S)

ネオユニヴァース産駒の特徴・種牡馬・口取りなど
適正距離牡馬牝馬
芝距離1800m~2500m1600m~2000m
芝良
芝道悪×
ダ距離1600m~2400m1700m~1800m
ダ良
ダ道悪×
馬体重480kg~540kg440kg~500kg
ネオユニヴァースの血統
サンデーサイレンス1986年 Halo1969年 Hail to Reason1958年
Cosmah1953年
Wishing Well1975年 Understanding1963年
Mountain Flower1964年
ポインテッドパス1984年 Kris1976年 Sharpen Up1969年
Doubly Sure1971年
Silken Way1973年 Shantung1956年
Boulevard1968年

昨年はJRA重賞1勝のみ。今年もクラシック候補不在でやや人気下降気味のネオユニヴァース参駒

当初の勢いなく社台SSから都落ちの憂い目に。ダート替わりはマストバイ

ネオユニヴァース産駒の特徴

初年度、2年目にクラシック勝ち馬を3頭出す活躍も、昨年12月に社台SSからレックスSに移動。

直仔のヴィクトワールピサにとって代わられる格好となった。牝馬は相変わらず走らないので、やはり牡馬狙いが無難。ダートの方が走るが、上級クラスまで行くのは芝。そう考えると芝のほうが適正が高い。

芝で頭打ちになった馬のダート替わりはぜひとも狙いたい。使い込まれるとネオユニヴァース産駒は気性の悪さが躊在化するのが特徴。

ネオユニヴァース産駒の【買える要素】【消す要素】

ネオユニヴァース産駒の儲かるデータ【芝】

  • 阪神の1800m以上が◎。牡・セン馬なら複勝率38%、単回値240円
  • 中山巧者のイメージだが、中山2000mは41戦して1番人気の1勝のみ

ネオユニヴァース産駒の儲かるデータ【ダート】

  • 芝からダート替わりは単回値169円と素直に買い。中3週以内で複回値も142円
  • 田辺騎手で複勝率45%、単複回収値プラス。特に中山では単回値206円
  • 小倉ダ1700mでマイナス体重でなければ、複勝率40%・単回値377円
  • 函館ダートでは平均4番人気ながら見勝利。馬番①~⑨では2着も1回だけ
優良競艇予想サイト悪質競艇予想サイト 競艇メディアへ行く