メイショウサムソン参駒の特徴・適正

メイショウサムソン

《主な代表産駒》デンコウアンジュ(アルテミスS)・サムソンズブライド(ブリンシバルS)

メイショウサムソン産駒の特徴・種牡馬・口取りなど
適正距離牡馬牝馬
芝距離1200m~2600m1200m~2200m
芝良
芝道悪
ダ距離1600m~2500m1700m~1800m
ダ良×
ダ道悪×
馬体重440kg~510kg450kg~500kg
メイショウサムソンの血統
オペラハウス1988年 Sadler’s Wells1981年 Northern Dancer1961年
Fairy Bridge1975年
Colorspin1983年 High Top1969年
Reprocolor1976年
マイヴィヴィアン1997年 ダンシングブレーヴ1983年 Lyphard1969年
Navajo Princess1974年
ウイルプリンセス1983年 サンプリンス1969年
エール1972年

芝の単回値が14年68円→15年145円。今もっとも“オイシイ”種牡馬だ

サドラー系のパワーが活きる“エアレーション馬場”特需に乗って産駒が活躍中

メイショウサムソン産駒の特徴 2012年にメイショウサムソン産駒がデビューし、その翌年には社台SSからイーストSへ移動。初年度産駒が2歳戦0勝と苦戦したとはいえ、早々に失敗の烙印を押されてしまった格好となった。 ところが、JRAが柔らかい馬場造りを進めたことが追い風となりパワーが活きるようになって最近はメイショウサムソン産駒が絶好調。 芝の道悪や距離延長といった得意条件では、まったく悔やまれない存在。母父アグネスタキオンを好相性だ。

メイショウサムソン産駒の【買える要素】【消す要素】

メイショウサムソン産駒の儲かるデータ【芝】

  • 1200mで単回値が194円と高い。関西馬に限れば複勝率4割と確実
  • 小倉は得意で一変も。今回馬体重なら連体率47%、単回値516円!
  • 前走上がり最速が信頼度◎。前走1・2着なら勝ちきって単回値509円
  • サドラー系らしく大型馬は走らない。馬体重500キロ以上は71勝1勝

メイショウサムソン産駒の儲かるデータ【ダート】

  • 斤量泣きするのが、減量騎手○。1~3番人気なら複勝率10割と堅軸
  • 短距離は期待薄で1400m以下だと単回値9円。特に牝馬は2着1回のみ
優良競艇予想サイト悪質競艇予想サイト 競艇メディアへ行く