キンシャサノキセキ産駒の特徴・適正

キンシャサノキセキ

《主な代表産駒》シュウジ(小倉2歳S)・サフィロス(京王杯2歳S)

キンシャサノキセキ産駒の特徴・種牡馬・口取りなど
適正距離牡馬牝馬
芝距離1000m~1400m1000m~1400m
芝良
芝道悪
ダ距離1000m~1800m1200m~1800m
ダ良
ダ道悪
馬体重470kg~520kg450kg~520kg
キンシャサノキセキの血統
フジキセキ1992年 サンデーサイレンス1986年 Halo1969年
Wishing Well1975年
ミルレーサー1983年 Le Fabuleux1961年
Marston’s Mill1975年
ケルトシャーン1994年 Pleasant Colony1978年 His Majesty1968年
Sun Colony1968年
Featherhill1978年 Lyphard1969年
Lady Berry1970年

キンシャサノキセキ産駒は芝・ダートどちらもOK。フジキセキの後継としての地位を固めそう

芝・ダート問わずスプリント戦で極めて有力。距離短縮やダート替わりは絶好

キンシャサノキセキ産駒の特徴

「キンシャサノキセキ自体が気性の問題で短距離戦しか経験がなかったので、距離をこなす産駒も出てくるのでは?」という見方もあったが、ふたを開けてみれば短距離馬が続出。

とはいえ、そのスプリント戦での戦績が芝・ダートを問わず抜群で、父ならびにサクラバクシンオーの後継的ポジションに収まりそう。距離短縮やダート替わりは見逃し禁物の絶好条件。

ダートに限れば1800mまでこなす産駒もポツポツ現れてきたキンシャサノキセキ産駒に注目。

キンシャサノキセキ産駒の【買える要素】【消す要素】

キンシャサノキセキ産駒の儲かるデータ【芝】

  • 1番人気で勝率45%と人気で勝ち切る。単勝1倍大なら連対率10割
  • 小倉1200mでは複勝率42%。特に2歳戦はベタ買いで複回値プラス
  • 北海道の洋芝は相性が悪く24戦0勝。函館は複回値16円と期待できず

キンシャサノキセキ産駒の儲かるデータ【ダート】

  • 内枠の戦績も悪くないが、8枠では複勝率44%・単回値443円と◎
  • 1800mならベタ買いで単回値315円・複回値212円。特に阪神は複勝率58%
  • 「前走上がり最速」だと15戦0勝、複回値21円。差しに回ると危険大
優良競艇予想サイト悪質競艇予想サイト 競艇メディアへ行く