カネヒキリ産駒の特徴・適正

カネヒキリ

《主な代表産駒》キングノヨアケ・ミツバ

カネヒキリ産駒の特徴・種牡馬・口取りなど
適正距離牡馬牝馬
芝距離1400m~2200m1200m~2000m
芝良
芝道悪
ダ距離1600m~1800m1400m~1800m
ダ良
ダ道悪
馬体重460kg~530kg420kg~510kg
カネヒキリの血統
フジキセキ1992年 サンデーサイレンス1986年 Halo1969年
Wishing Well1975年
ミルレーサー1984年 Le Fabuleux1961年
Marston’s Mill1975年
ライフアウトゼア1992年 Deputy Minister1979年 Vice Regent1967年
Mint Copy1970年
Silver Valley1979年 Mr. Prospector1970年
Seven Valleys1972年

昨年のJRAフレッシュサイアー首位。クラシックホースを出すなど上々のカネヒキリ産駒

サンデー孫種牡馬のエースに!父ナオユニのイメージに引っ張られるな!!

カネヒキリ産駒の特徴

ジュエラーが大接戦の桜花賞を制し、初年度産駒からクラシックホースが出たカネヒキリ産駒。これはサンデーサイレンス孫世代の種牡馬としての初GⅠ勝利でもある。

種付け料は初年度の350万円からダウン傾向にあったが、来年は巻き返して来る可能性がある。

ジュエラーのように直線の長いコースで切れる末脚を繰り出す産駒も出ており、父ナオユニとはまた違ったイメージ。芝の道悪はかなり上手い。

カネヒキリ産駒の【買える要素】【消す要素】

カネヒキリ産駒の儲かるデータ【芝】

  • 芝ではデビュー以来馬券圏内ゼロ。4着1回が最高では買い材料ナシ

カネヒキリ産駒の儲かるデータ【ダート】

  • 京都で単回値273円と滅法強い。前走4角6番手以内で複回値も140円
  • 東京戦でも縄張り主張。距離問わず1~5枠なら単回値153円と期待大
  • 休み明け2・3戦目が走り頃。今回体重減で複勝率37%・単回値610円
  • 1900m以上の長距離戦は◎。複勝率54%・単回値175円・複回値137円
  • 仕上がり遅く2歳9月まで0勝。芝→ダ替わりも不発で10月まで様子見
優良競艇予想サイト悪質競艇予想サイト 競艇メディアへ行く