ブラックタイド産駒の特徴・適正

ブラックタイド

《主な代表産駒》キタサンブラック(菊花賞)・マイネルフロスト(毎日杯)

ブラックタイド産駒の特徴・種牡馬・口取りなど
適正距離牡馬牝馬
芝距離1800m~2400m1200m~1800m
芝良
芝道悪
ダ距離1200m~1700m1200m~1400m
ダ良
ダ道悪
馬体重460kg~520kg430kg~480kg
ブラックタイドの血統
サンデーサイレンス1986年 Halo1969年 Hail to Reason1958年
Cosmah1953年
Wishing Well1975年 Understanding1963年
Mountain Flower1964年
ウインドインハーヘア1991年 Alzao1980年 Lyphard1969年
Lady Rebecca1971年
Burghclere1977年 Busted1963年
Highclere1971年

昨年は遂にGⅠ馬誕生。産駒数も安定し、もう愚兄とは呼ばせない

血統のポテンシャルを開花させて日高のエース級種牡馬に。距離延長が得意だ

ブラックタイド産駒の特徴

ディープインパクトとまったく同じ血統を持ち、馬格で遥かに恵まれているのだからポテンシャルはあって当然だったブラックタイド産駒。

GⅠ馬が出たことで、種付け料は昨年の100万円から300万円に跳ね上がった。配合相手の繁殖牝馬も今後は厳選され、さらに飛躍する可能性がる産駒。

距離延長に強く、キタサンブラックの菊花賞制覇もここに秘密があったが。馬格があるぶん、全弟よりダートもこなすブラックタイド産駒。

ブラックタイド産駒の【買える要素】【消す要素】

ブラックタイド産駒の儲かるデータ【芝】

  • 特別戦は単複ともプラス計上。特に京都・阪神戦では単回値212円
  • 先行力がブキで前走4角3番手以内が狙い。距離延長なら単回値304円
  • 距離別の勝率では1800mがもっとも優秀。前走と同騎手で単回値207円
  • 牡・セン馬は1500m以下で1勝、単回値20円・複回値27円と持ち味生きず

ブラックタイド産駒の儲かるデータ【ダート】

  • 2歳戦の単回値115円。デビューから2・3戦目が単回値169円と走り頃
  • 再内と大外、極端な馬番で54戦0勝。複回値24円と複穴も期待できず
優良競艇予想サイト悪質競艇予想サイト 競艇メディアへ行く