アグネスデジタル産駒の特徴・適正

アグネスデジタル

《主な代表産駒》カゼノコ(ジャパンDD)・アスカノロマン(東海S)

アグネスデジタル産駒の特徴・種牡馬・口取りなど
適正距離牡馬牝馬
芝距離1800m~2000m1600m~2000m
芝良
芝道悪
ダ距離1400m~1800m1600m~1800m
ダ良
ダ道悪
馬体重460kg~540kg440kg~510kg
アグネスデジタルの血統
Crafty Prospector1979年 Mr. Prospector1970年 Raise a Native1962年
Gold Digger1962年
Real Crafty Lady1975年 In Reality1964年
Princess Roycraft1967年
Chancey Squaw1991年 Chief’s Crown1982年 Danzig1977年
Six Crowns1976年
Allicance1980年 Alleged1974年
Runaway Bride1962年

芝では不振もダートの中距離ではオープン馬続々、馬券的妙味も◎なのがアグネスデジタル産駒

初期産駒は芝も走ったが、現在はダート色が濃厚に。芝→ダ替わりは特に要注意

アグネスデジタル産駒の特徴

初期の産駒からはヤマニンキングリーやグランプリエンゼルなど芝の重賞勝ち馬も出たが、現在はかなりダート食が強くなったアグネスデジタル産駒。

牝馬重賞路線でしぶとく頑張るメイショウスザンナは例外で、ベスト条件はダート中距離。

アスカノロマン、カゼノコなどアグネスデジタル産駒がダート界で猛威をふるっている。特に芝からダート替わりは凄まじく走るので要注意。叩き良化型の傾向も躊躇になっている。

アグネスデジタル産駒の【買える要素】【消す要素】

アグネスデジタル産駒の儲かるデータ【芝】

  • 牝馬が芝で穴をあける。北海道・福島の小回り戦なら単回値456円
  • 2歳戦は単回値21円・複回値19円。1600m以下では43頭出走で連対なし

アグネスデジタル産駒の儲かるデータ【ダート】

  • 札幌では複勝率4割、単回値181円。馬体重500キロ以上なら勝率5割!
  • 牡馬は中距離馬多く、得意の京都1800mでは複勝率51%、単回値217円
  • 芝→ダ替わりはベタ買いプラス。1800mなら連対率5割、単回値877円
  • 新馬戦はまったく走らず消し。34頭出走で連対馬ゼロ、複回値21円
優良競艇予想サイト悪質競艇予想サイト 競艇メディアへ行く